プロフィール

柳原担当医 or roha

Author:柳原担当医 or roha
頭痛:頻繁
乗物:すごいよわい
手先:E(=超ニガテ)
口笛:とくい



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



靴のムカデ屋 -min-(新)
インフォ鯖が消滅したのでこちらで。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その2
 スパ4AEver.2012キャラ雑感の続きです。

・まこと
 AEになってかなり強化されて2012でやや弱体化されたようですが、裏まわりネタがやたら多く個人的には結構苦手な部類に入る相手。空中で落とされたり、ダウンしないで着地するような攻撃をくらった後はまことが裏表どちらへ行くのかよく見ておく必要があります。で、裏表判断できたとこでそこから技重ねだったり唐草で掴んできたりで読み合いが大変なんですが…。

 中パン、レバー入れ中パンや剣をガードした時に相手側にあまり不利フレーム(硬直)がないようなので固め始められるとなかなかきついです。
 あと剣をガードさせられて小パンor中パン→瓦割りの中段はやたらよくくらいます。この辺は見てから反応はきついんで相手のクセを覚えて対応してくしかないですね。
 …ていうかまぁ自分中段にはほとんど意識を振ってないんでほぼ当たります。

 AEの頃からだったか昇竜コマンドの吹き上げがかなり対空として強化されてて、起き攻めにかなり重なるようにジャンプ攻撃を重ねてもリバサ吹き上げでほとんど返されて、そこからダッシュ吹き上げ→EX剣と追撃をくらうのでうかつに起き攻めができないのもきついところ。

 あとほとんどのまこと使いがどこかしらで唐草(コマンド投げ)でつかみを狙ってくるのでそこは最警戒で。とは言ってもホントよく掴まれてしまうんですが。特にEX唐草はスーパーアーマーがついててこっちのラッシュ時に無理矢理掴んでくるので、ここは気をつけて垂直ジャンプでうまくすかしていきたいところ。

 ウルコンは、個人的にはこちらの投げを潰してきたり飛び道具に合わせてくる土佐波の方がやりづらいですかなー。

・ダッドリー
 紳士ですね。仲間内でエンドレスやるとよく紳士バトルになったりします。
 無印スパ4の頃よりは地味にパワーアップを重ねているのですが、他のキャラが強いので全体で見るとなかなか苦しいポジションにいるキャラだと思います。特に対ザンギは中パンチ振られてるだけで相当にきつい…。

 大パンがリーチが長くダメージも大きいのでランクマでも結構振ってくる人は多いですね。ヒットした時の変な爽快感も使用頻度向上に微妙に関係あるかしら…。

 マシンガンブローは弱ならガードされても硬直が少ないので、ザンギ、ホークのような弱コマンド投げやウルコン投げが確定する相手以外にはガシガシ削ってきます。逆に反確取られる相手にはほんとダメージを取るのが至難でいきなり相当きつくなりますね。
 ランクマだと、小技キャンセルダッキングから投げを狙ってくる人もかなり多いのですがこちらの小技暴れでダッキングは潰せるので対応されなければ小パン、小足連打で。
 立ち中キック、アパカなどの対空は一応あるのですがそれほど強い対空ではないので攻撃の先端を当てるようにぴょんぴょん跳ばれたりめくりなどにはダッドリー側はかなりきつい戦いに。
 一応EXアパカが発生3F無敵ありの強い対空ではあるのでゲージがある時は注意ですが。

 あとそういえば2012で薔薇にセビキャンかけられるようになりました。先読み対空で使え…るかぁ?

・セス
 起き攻め拒否技のテレポート、昇竜、飛び道具、コマンド投げ等便利な道具が揃った強いキャラ。
 …なんですが、体力スタン値ともに全キャラ中最弱なので使うにはかなり高い技術と経験を要します。
 しかしきちんと使われるとセットプレイがとにかく豊富で、画面中央画面端どこにいてもわからん殺しをくらったりします。
 自分がセス使うと中足→丹田(吸い込み)が手癖になっててこれを読まれてよく飛ばれるんですが、逆に飛びを読まれると昇竜やジャンプ中パンチからの踏みつけ×3+天魔空刃脚と手痛いダメージが。そして空刃脚で締められると、こちらはダウン状態ではなく着地状態になるのでまだセスの攻めが続行という所が非常に恐ろしいところです。
 ジャンプして空刃脚かそのまま強キックでめくりかの裏表の判断も地味にしづらく空刃脚ヒットからのコンボで大ダメージというパターンも多いですね。よしんば空刃脚ガードできても、ここから小技で固められてからいつスクリューが来るかわからないのもかなり怖い。

 …と、性能的にはかなりやばいのですが、とにかく脆いので相手の意識が対空か対地にあるかをよく見極めてなんとか隙を見つけて大ダメージ取る、もしくは逆に豪快に暴れて行ったりしてると案外あっさり勝てるラウンドも多かったりします。
 自分でセスを使ったりもするんでわかるんですが、まーホントに死ぬ時は物凄いあっさりです。

・剛拳
 飛び道具が軌道を分けて撃てるのでこれで弾幕張ってるだけでも強い…とはいかず、飛び道具を抜けてこれるキャラはかなり多いのでしっかりと戦わなければなりません。
 地上の差し合いはあまり強い技がないので百鬼で攻めていきたいのが剛拳だと思うんですが、実はこれ中段技がないのでしゃがみガードで大安定だったりします。
 なので自分もよくやる裏投げ→ジャンプ中パンチ(1ヒット)→着地強パンチキャンセル弱百鬼のセットプレイはしゃがみガードしてればOKです。
 一応めくりになるポイントもあるのですが、これは剛拳側の調節がかなり難しく実戦でめくり百鬼を使ってくる剛拳はかなりやばい相手、だと思います。
 当身はなかなか正確には決められないのでちょっと頭の隅にとどめておく程度で十分だとは思います。
 たまにピンポイントで下段にあわせられたりする事がありますが、実はあれ剛拳側はほとんど暴発だったりします。ソースは私。
 剛掌波で飛び道具を抜けてきたりしますが、ガード出来れば-3Fなのでしっかりと3F技で反撃しましょう。意外にここ見落としてる人は多い気がします。

 とにかく剛拳戦は裏投げに気をつける。裏投げからはウルコンだったり色々好き勝手できるので、この一点が最重要ですね。

 では本日はこの4キャラまで。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kutumukade.blog120.fc2.com/tb.php/126-a0241a2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。